トーンモバイルが、iPhone専用SIMカードを発表 ワールドビジネスサテライト

2018年2月20日の「ワールドビジネスサテライト」で、「トーンモバイルが、iPhone専用SIMカードを発表」の話題がありました。 

カルチュア・コンビニエンス・クラブグループで、格安スマホ事業を手がけるトーンモバイルは、2月20日に、iPhone専用SIMカードを発表しました。

子どもの位置情報を把握する見守り機能や、子どもの年齢に合わせて、アプリ制限などの機能も搭載しています。

若年層では、中学生までの利用者が多いトーンモバイルは、高校や大学生にも人気の高いiPhoneを使える様にする事で、利用者の拡大を狙うとの事です。

トーンモバイルの石田宏樹社長の話では、日本では、iPhoneは、アンドロイドの3倍の市場があるそうで、年齢層及び市場性が増える事で、6倍位の市場になる事を期待している様です。

お子様向けの安心機能満載 TSUTAYAのスマホ 【TONE】

月額1000円 無料で何でもサポート はじめてにやさしいスマホ【TONE】

[WBS]ワールドビジネスサテライト:テレビ東京


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です