「誰でも簡単に、浮いてるような写真を撮る方法」 日本人の3割しか知らないこと

2018年5月3日の「日本人の3割しか知らないこと」で、「誰でも簡単に、浮いてるような写真を撮る方法」 について説明がありました。

地面を水で濡らすだけで、浮いてるような写真が撮れるそうで、地面に霧吹きなどで、水で丸い円を描いて、写真の被写体(撮影される人、物)が、水で書いた丸い円の後ろに立ち、写真を撮ると、水が影の様に見え、浮いているように見えるとの事です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です