AI(人工知能)を搭載のスマートフォン ”HUAWEI Mate 10 Pro” ワールドビジネスサテライト

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年11月28日の「ワールドビジネスサテライト」で、「AI(人工知能)を搭載のスマートフォン ”HUAWEI Mate 10 Pro”」の話題がありました。 

11月28日に、ファーウェイは東京港区で新製品の発表会を行い、世界で初めてのAI(人工知能)を搭載したスマートフォン”HUAWEI Mate 10 Pro”を発表していました。

AI(人工知能)を利用すると、写真をキレイに撮る事ができるそうで、犬の写真にスマホのカメラをあてると、犬と自動的に認識して、犬マークが表示されます。

一億枚の様々な写真をインプットしたAI(人工知能)が、犬や料理など13パターンから、きれいに撮影できる、最適な撮影方法を自動で選択してくれます。
キャスターの大浜平太郎さんが、人を撮影したところ、AI(人工知能)が、人の後ろの風景をぼかす事で、より被写体が引き立つ様な補正をしていました。
このAI(人工知能)は、端末の中で全て行っていて、クラウドにはつながっていないので、データは共有はされないそうです。

”HUAWEI Mate 10 Pro”は、AIによる翻訳アプリも搭載していて、飲食店のメニューなど、外国語の文字を撮影すると、AI(人工知能)が、日本語のテキストに翻訳してくれます。
AIが50以上の言語を写真から判断して、翻訳します。

価格は8万9,800円で12月1日から販売されます。
【送料無料】 HUAWEI Mate 10 Pro Titanium Gray SIMフリースマートフォン

ファーウェイでは、これまで2~3万円の比較的安い製品が人気でしたが、ファーフェイデバイスの呉波(ゴハ)副社長の話しでは、ファーフェイは、今年、世界で1億台以上のスマホを出荷していて、数は16%増加ですが、売り上げは、35%の増加となっているので、高価格品が売れている証拠との事です。

2016年のスマートフォン世界シェアは、サムソン電子が、20.9%、アップルが14.5%、ファーウェイが9.3%となっているそうです。

[WBS]ワールドビジネスサテライト:テレビ東京

「iPhone買取専門店だから出来る」驚異の買取価格10秒以内の簡単買取査定。

ポイントがザクザク貯まるクレジットカード8選


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です