「スマホで、太って見えない簡単撮影」 林先生が驚く初耳学!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年10月16日の「林先生が驚く初耳学!」で、「スマホで、太って見えない簡単撮影」 について説明がありました。

集合写真などで、端っこに写った自分が、明らかに太って見える場合があると思いますが、数多くの雑誌を手がける、プロカメラマンの東真子さんによると、最近のスマホは使い方を失敗すると、端の人がぐっと伸びて、太って見えるそうです。

これは、特に最新のスマホやデジカメの現象で、広角レンズを使っているので、普通の人間の目で見える範囲よりも、広い範囲が写る特殊なレンズで、より広い景色が写る広角レンズは、便利な一面があるのですが、近くを写すと、外側が拡大されてしまいます。その為、端の人物は、約2割太って見えてしまいます。

写真の端の人だけ太って見えるのを、簡単に克服できる方法があるそうで、その撮り方は、人物から離れて、ズーム機能を使えば、広角レンズの歪みを外すことができるそうで、この時の目安は、画面中心から60%の枠内に人物を入れることで、ここなら歪みの影響を受けません。そして、スマホの場合は、ズーム機能で画質が多少荒れますが、最近の補正アプリを使えば、簡単に、美しい仕上がりになります。

「iPhone買取専門店だから出来る」驚異の買取価格10秒以内の簡単買取査定。

ポイントがザクザク貯まるクレジットカード8選


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です