「スマホに革ケースは劣化が早まる?」 林先生が驚く初耳学!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年7月2日の「林先生が驚く初耳学!」で、「スマホに革ケースは劣化が早まる?」 について説明がありました。

街中でスマホをしている人を見ると、スマホケースを付けている人がほとんどですが、なかでも手帳タイプの革ケースは、スマホの保護はもちろん、カードなども入れられ便利です。

しかし、スマホに革ケースを付けると、スマホのバッテリーの劣化を早めるそうで、ポイントは、バッテリーのリチウムイオン蓄電池で、革ケースの材質と、使い方が寿命を縮めるそうです。

スマホに使われているバッテリーのリチウムイオン蓄電池は、熱に弱く、扱いを間違えると、どんどん劣化が進行してしますそうで、なかでも、革ケースが一番の問題で、立命館大学理工学部電子情報工学科の福井正博教授の話しでは、革ケースを付けたままにすると、スマホに熱がこもり、リチウムイオン蓄電池の劣化を進めてしまうそうで、リチウムイオン蓄電池は、それ自体が熱を発するのにも関わらず、外部からの熱にも弱いそうで、通常、10℃~30℃であれば、バッテリーに負荷はかかりません。

しかしながら、30℃より高くなると、劣化が進むので、スマホに付けるケースは、熱が逃げるのを妨いでしまうので、バッテリーに良くないのですが、特にダメなのが、革製の手帳型です。

本体のみ、通常ケース、手帳型ケースの3つで、あるアプリを15分間使用し、その後、ケースから出し本体の温度を、赤外線測定器で測ったところ、本体のみの温度が34.2度、通常ケースが35.1度、手帳型が37.2度と、手帳型が、一番温度が上昇していました。

更に再びケースに戻して5分後、本体のみが34.2度から28.3度に下がり、通常ケースが35.1度から30.1度に下がり、手帳型が37.2度から35.3度に下がりましたが、手帳型が一番温度が下がらないという結果になったそうです。

革製の手帳型のケースは、保温力が高く、使用後、フタをして密閉することで、バッテリーを劣化させやすいという事がわかったそうです。

その為、手帳型ケースの場合は、温度上昇がみられたら、直ぐにケースから出した方が良いとの事です。

「iPhone買取専門店だから出来る」驚異の買取価格10秒以内の簡単買取査定。

ポイントがザクザク貯まるクレジットカード8選


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です