格安スマホの現状と、子供向けの格安スマホ ワールドビジネスサテライト

2017年7月25日の「ワールドビジネスサテライト」で、「格安スマホの現状と、子供向けの格安スマホ」の話題がありました。  安さを武器に「格安スマホ」の契約件数は急速に伸びていて、2017年3月末には、810万件、2019年の予想では、1,570万件に達すると予測されているそうです。 ●KDDIグループのUQ mobileは、データ量2GBの契約で、無料通話1回あたり、5分以内の場合は、月額料金1... 続きを読む

ソフトバンクが新定額プラン 格安スマホに対抗へ 日経プラス10

2017年1月16日の「日経プラス10」で、日本経済新聞企業報道部長の東昌樹さんが、下記の内容について話されてました。 今回発表したプランは、18歳以下を対象としていて、月額料金が最低で、2,980円からで、狙いの一つとしては、格安スマホへの対抗の様です。 格安スマホは、データ通信料が、3GBまでで、2,000円から3,000円前後のものが出ていて、需要が急速に拡大しているそうで、スマホ全体の1割... 続きを読む

業界初のサービス、フリーテルが半年ごとに最新スマホ!

2016年10月6日の「ワールドビジネスサテライト 」で、「業界初のサービス、半年ごとに最新スマホ!」の話題がありました。  SIMフリーのスマートフォンキャリア フリーテルは、半年ごとに最新スマホに機種変更できるサービスを開始しました。 2016年10月6日に発表された、フリーテル「かえホーダイ」は、対象フリーテル製のスマートフォンであれば、半年ごとに自由に機種変更が可能で、月額1、790円~の... 続きを読む

楽天モバイルの月額利用料が、楽天スーパーポイントで支払えます。

私は、楽天のカードを使っているので、楽天スーパーポイントがたまるのですが、そのポイントを使って買う時に、楽天だと配送料が別に取られるので、何か商品を買う場合には、アマゾンで買いたいと思っていました。 その為、楽天スーパーポイントを使う機会があまり無いと思っていましたが、楽天モバイル(MVNO:仮想移動体通信事業者)は、8月請求分から月額利用料を、楽天スーパーポイントを使って支払えるようになりました... 続きを読む

業界最安値のデータ通信SIM月額料金298円

株式会社エコノミカルは、ドコモ網利用の格安SIMのMVNOサービス「ロケットモバイル」を、月額料金298円で開始したそうです。残念ながら、一番安い「神プラン」は、通信無制限(通信容量)ですが、通信スピードは、200KBとかなり遅いです。 家などで使われている光通信が1GBで、ADSLが8MBから50MBとなっております。200kbpsは、1MBの5分の1となっています。通常、動画などを見る場合には... 続きを読む

格安スマホ料金プランを選ぶ方法

大手携帯3社の場合は、データ容量毎のプランをあまり設定していないと思いますが、格安スマホ料金には、通信容量によりプランが決まっています。しかし、今まで携帯会社の担当者にプランの選択を任せていた人は、自分でどれだけ通信容量を使っているかわからないと思います。 そこで、格安スマホのイオンデジタルワールドのページを見ると、どのプランで、どれだけ使えるか記載されています。例えば、イオンの場合は、お音声1G... 続きを読む

最安値SIMの月額料金のランキング

ITmedia Mobileさんの下記のサイトでは、最安値データSIM、最安値音声SIM、7GB以上データSIM、7GB以上音声SIMの月額料金のランキングがわかります。データSIMは、通話ができませんので、通話が必要な方は、最安値音声SIMをクリックして見て下さい。携帯大手3社の携帯を通話用にして、最安値データSIMのみ契約する事も携帯料金を安くする事が可能だと思います。しかし、その場合は、SI... 続きを読む