最新自撮りグッズ&アプリ マツコの知らない世界

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年8月30日の「マツコの知らない世界」で、「自撮りグッズの世界」が紹介されていました。

ゲストの生駒幸恵さんは、アパレルで働いており、ショップ店員やファッションモデル達に、自撮りで、実物より綺麗に映るノウハウを教える、自撮り指導員として活動いるそうです。

おでかけシーズンに大活躍、ここまで進化した最新自撮りグッズ!

●Hamme セルフィースティック付きハードケース 3,240円

自撮り棒と、iPhoneケースが合体した、新感覚の自撮りケースで、スティック部分は40cmまで伸ばすことができます。今まで、荷物になっていた自撮り棒を持ち歩く必要はありません。

自撮りテクニックは、カメラは、顔より高い位置で構え、上目遣い気味に、誰かにシャッターを押して盛った写真に見えるように、撮影者の手を映さないようにする。

顔が小さく見えるように撮影したり、太陽光の当たり具合を調節して、綺麗に見せるのがコツだそうです。

●BLACK EYE WIDE ANGLE 5,292円

自撮り棒はもう古い!簡単に家族で自撮り!一瞬で自撮り棒がいらなくなります。

スマートフォンのカメラ部分に装着するクリップ型の広角レンズですので、手を伸ばさなくても、広角に撮れます。

被写体を160°の広さで撮影でき、広大な景色やグループの自撮りに最適です。

●カシオ EX-ZR3100 5万円前後

自撮りは携帯だけじゃない!高画質で撮れる!

液晶画面をレンズ側に向けることができ、まさに自撮りのために開発されたデジタルカメラです。液晶画面をレンズ側に向けるだけで、カメラが起動します。

このカメラの良いところは、勝手に美肌モードにしてくれるメイクアップモードが付いており、メイクアップモードは、肌のテカリを抑え、美白に変えられます。

撮った写真をSNSに投稿したと言う要求が多いで、スマートフォンでアプリを立ち上げて、カメラのWi-Fiボタンを押すと、写真がスマートフォンに自動的に送られる仕組みになっています。尚、100枚一気に転送することが可能です。

カメラに向かって、手を振ると、動きを感知して、シャッターが自動で切れるハンズフリー機能を搭載しています。

●JOBY グリップタイト ゴリラポットスタンド 4,840円
三脚部分が自由自在に動かせる屋外撮影に抜群のアイテムを使えば、道端で、誰かに声をかけて撮ってもらう必要もありません。道端に置くこともできるし、柵などにくくりつけることも可能です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

JOBY グリップタイト ゴリラポッド スタンド (チャコール)
価格:4315円(税込、送料別) (2016/10/1時点)

●iFlash 3,456円

夜の暗闇でもばっちり美しく自撮り!
夜は、なかなか写真撮りづらいですが、iFlashを使えば、夜景、クラブなどの暗い場所でも綺麗に撮れます。

スマホケース本体にLEDが内蔵され自撮りアイテムで、女優さんライトのような感じです。ケースの背面に、付いているボタンを押すことにより、LEDライトが点灯します。

●snow(アプリ) 友達を作りたい・仲良くなりたい人にすすめ!

自分自身の顔を、コアラ、犬、くまなどの動物や、ハンバーガーやアイスなどの食べ物と、合成できる自撮りアプリです。
自動的に、目を大きくしたり、肌の色を綺麗にしたり、頬を赤くしたり、勝手に加工してくれます。

写真も撮れて、動画も撮れて、これをシェアできます。更に、お互いの顔を入れ替えられる機能もあります。
スノー SNOW – 自撮り、顔認識スタンプ、ウケるカメラを App Store で
スノー SNOW – 自撮り、顔認識スタンプ、ウケるカメラ – Google Play の Android アプリ

「iPhone買取専門店だから出来る」驚異の買取価格10秒以内の簡単買取査定。

ポイントがザクザク貯まるクレジットカード8選


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です