ブルートゥースイヤホンの売り上げ2.4倍 Newsモーニングサテライト

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年5月24日のNewsモーニングサテライトで、ブルートゥースイヤホンについて話されてました。

iPhone7の販売がきっかけで、イヤホンプラグの無い、無線で繋ぐ、ブルートゥースイヤホンの4月に販売台数が、前年比2.4倍になったそうです。

ヨドバシカメラの新宿西口店の増田貴光さんの話では、ブルートゥースイヤホンは、総数で150種類位出ているそうで、イヤホン全体の平均単価は、約3,000円ですが、ブルートゥースイヤホンの平均単価は、約1万2,000円と高額だそうです。

オンキョーBluetoothイヤホンなどの高いブルートゥースイヤホンが並ぶ中で、一番売れているのは、格安のエレコムのLBT-HPC12Seriesで、シェアは26.4%だそうです。

【送料無料】 オンキヨー ブルートゥースイヤホン(左右分離タイプ) カナル型 W800BTB

Bluetooth ワイヤレス イヤホン イヤフォン ELECOM LBT-HPC12MP BK(ブラック)【送料無料】

販売しているのは、パソコン周辺機器メーカーのエレコムで、音量調整機能を無くすなど、シンプルにして、コスト削減を実現したそうです。

エレコム商品開発部の遠藤稔也さんの話では、エレコムでは、ブルートゥースイヤホンは、2007年から販売しているそうで、高音質を実現する技術は、長年培ってきているとの事です。

町中で、大手の1万円台のブルートゥースイヤホンと、エレコムのLBT-HPC12Seriesで、聴き比べてもらったところ、多くの人達が、大手メーカーの方が聴きやすいと話していましたが、エレコムのブルートゥースイヤホンも、それほど音は悪くないと話していました。

ブルートゥースイヤホンの販売に火を付けたのは、去年発売された、iPhone7で、イヤホン専用の差込口が無くなってしまった事と、追い風になったのが、マラソンブームで、コードが長く伸びていないので、走りやすいと人気だそうです。

電子楽器メーカーのローランドが販売しているのが、FORZA METALLO WIRELESS(フォルツァ・メタロ・ワイヤレス)で、激しい運動にも耐えられる様に、スポーツ向けで、耳や首にフィットするブルートゥースイヤホンで、実際に試してみると、走る事による上下運動でのブレは無いそうです。

V-MODA FORZA Metallo WIRELESS WHITE SILVER (ホワイトシルバー) Bluetooth ワイヤレスイヤホン 【ブイモーダ】

尚、ブルートゥースイヤホンは、充電も必要だそうです。

Newsモーニングサテライト:テレビ東京

「iPhone買取専門店だから出来る」驚異の買取価格10秒以内の簡単買取査定。

ポイントがザクザク貯まるクレジットカード8選


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です