「SNSに載せてはいけない写真?」 ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年9月29日の「ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説」で、「SNSに載せてはいけない写真?」 について説明がありました。

芸人のかじがや卓哉さんの話では、スマートフォンの普及により、ツイッターや、インスタグラムなどのSNSは、やっていて当然と言う位生活に浸透していて、自分の私生活を、写真として、アップする事が当たり前の時代となりましたが、皆さんが気軽にアップしている写真の中に、自らを危険に晒してしまう、SNSにアップしてはいけない写真があるそうです。

●自動販売機が写り込んだ写真
自動販売機には、事件、事故、家事などに遭遇して、通報する時に、その住所がわからなくて、通報が遅れてしまう事が無い様に、住所が記載されていてる事が多いので、これに気づかずに、うっかりSNSに投稿してしまうと、いつもここで、ジュースなどを買っている事がわかってしまい、投稿者の自宅周辺がバレてしまう危険性があるそうです。

●マンホールが写り込んだ写真
マンホールには、地域限定のデザインが存在していて、このマンホールの写真をインターネットを調べると、簡単に出てくるそうです。
このマンホールもデザインから、どこの通りにあるマンホールかがわかり、その周辺に住まいがある可能性があると、判断されてしまうとの事です。

●自撮り写真の瞳
自撮り写真の瞳に写り込んだ人物が特定されるケースもあるそうで、徳島県警が、画像解析ソフトを駆使する事で、被害者の瞳に写り込んだ容疑者の顔を、解析する事に成功したそうです。

これらSNSに投稿された写真から、投稿者の自宅を特定して、その情報を販売している業者もいるそうなので、注意が必要です。

「iPhone買取専門店だから出来る」驚異の買取価格10秒以内の簡単買取査定。

ポイントがザクザク貯まるクレジットカード8選


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です