「格安スマホで家計節約」 お金のなる気分 ~欲張り女子のケーザイ学~

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年6月22日の「お金のなる気分 ~欲張り女子のケーザイ学~」で、「格安スマホで家計節約」 について説明がありました。

日経マネーの記事では、大手の通信会社から格安スマホに変更する事で、7,000円から8,000円の月々の通信料金が、2,000円から3,000円で済む様になるそうで、格安スマホにする事で、4人家族なら、10年で200万円家計が節約できるそうです。

格安スマホへの変更で、節約できる金額の計算は、約5,000円(節約分)X4人=約20,000円(1ヶ月)の節約となり、10年続けると、約20,000円(1ヶ月)X12ヶ月X10年=約240万円以上お得になる計算です。

ファイナンシャルプランナーの加藤梨里さんの話では、2年前に大手のドコモから、格安スマホに変えたそうですが、格安スマホ会社は、大手の使っている通信回線をレンタルしている事と、店舗をあまり持っていないので、コストを削減でき、その分、利用料を抑える事ができるそうです。

今のスマホが気に入っていて、変えたくない場合は、SIMカードと言う物があり、SIMカードを入れ替える事で、今までの端末をそのまま使う事が可能です。

SIMカードとは、電話番号などの情報が記録されたICカードの事で、このSIMカードを格安スマホ会社のものに変更するだけで、今まで使っていたスマホを、格安スマホとして、使うことができます。

格安スマホ切り替えに必要な初期費用は、電話番号を引き継ぐ為の転出費として、約3,000円かかり、格安スマホへの転入費が、約3,000円で、合計約6,000円かかります。

月々4,000円から5,000円節約になるので、格安スマホへの転出費及び転入費は、1ヶ月ちょっとで、もとがとれます。

加藤梨里さんの話では、使い勝手はそれほど変わりないですが、携帯電話の番号は、そのまま使えて、LINEなどのSNSもそのまま使うことができるそうです。

通信キャリアのメールアドレス、例えば、ドコモ、ソフトバンク、auなどのメールアドレスは、使うことができませんが、対策としては、gmailなどのフリーメールで代用する事が可能です。

そして、特に注意が必要なのが、通信速度、公衆Wi-Fi、緊急速報メール(Jアラート)、故障時保証です。

●通信速度
通信速度は、Wi-Fiを使えば問題ないですが、通信速度は遅いとは言われてはいますが、それほど遅いとは、感じないそうです。
尚、格安スマホの中でも、会社により、通信速度の差がありますが、UQモバイルは、比較的他の会社と比べると、速度が安定しているとの事です。

UQモバイル

●公衆Wi-Fi
大手のキャリアなどでは、飲食店や、商業施設など、街中で、利用できる無線LAN(公衆Wi-Fi)がありますが、この様な無線LAN(公衆Wi-Fi)は、格安スマホの会社では、用意しているところが少ないそうです。

無線LAN(公衆Wi-Fi)の機能を提供している格安スマホ会社は、OCNモバイルは無料で提供していて、楽天モバイル、BIGLOBE(ビッグローブ)などは、有料で提供しているそうです。

OCN モバイル ONE

楽天モバイル

BIGLOBE(ビッグローブ)

●緊急速報メール(Jアラート)
緊急速報メール(Jアラート)とは、災害時や、武力攻撃時など、緊急時に「国から住民まで瞬時に」携帯電話に伝達するシステムです。

格安スマホでの注意点は、iPhoneなど、大手携帯電話会社が発表した端末は、受信できますが、格安スマホの会社が販売した端末は、対応していない事があるそうです。

その場合は、Yahoo(ヤフー)などが、緊急速報を出すアプリを提供しているので、その様なアプリを入れて置く事で、緊急速報メール(Jアラート)の代用とする事が可能です。災害時でも、通話に関しては、格安スマホも大手携帯電話会社のスマホでも同じ条件です。

●故障時の注意点と対策
端末(スマホ本体)と、SIMカードをセットで購入した場合は、保証をつけられる場合が多いそうですが、SIMカードだけで、購入する場合は、端末の故障の対応は、基本的にしていないそうです。
その為、スマホ本体が故障した場合には、スマホ本体を製造したメーカーに問い合わせる必要があります。

■格安スマホ会社を選ぶコツ
現在、格安スマホ会社は、500社を超えると言われていますが、格安スマホ会社を選ぶ際にオススメなのは、シミュレーションサイトの使用で、「SIMコンシェル」と言うサイトがあり、現在の利用料金や、使用頻度などを入力する事で、オススメの格安スマホ会社が表示され、変更後の料金をシミュレーションしてくれます。

かんたん料金シミュレーション【SIMコンシェル】

番組MCの高橋真麻さんの場合は、現在の利用料金は、月額1万円ですが、nuroモバイルだと、月額2,592円になり、月々の差額が、7,408円で、2年間で、177,792円と節約になると表示されたそうです。

nuro mobile(ニューロモバイル)

現在、店舗販売している格安スマホ会社は、UQモバイル、IIJ mio、mineo、b-mobile、イオンモバイル、楽天モバイル、OCNモバイルONE、BIGLOBE SIM、U-mobileなどだそうです。
トラブル時の対応が心配な方は、家電量販店などでの購入もオススメだそうです。

UQモバイル

IIJmio(アイアイジェイミオ)

mineo(マイネオ)

b-mobile(bモバイル)

楽天モバイル

OCN モバイル ONE

BIGLOBE(ビッグローブ)

U-mobile(ユーモバイル)

「iPhone買取専門店だから出来る」驚異の買取価格10秒以内の簡単買取査定。

ポイントがザクザク貯まるクレジットカード8選


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です