「スマートフォンが食中毒の原因?」 その原因、Xにあり!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年9月29日の「その原因、Xにあり! 」で、「スマートフォンが食中毒の原因?」 について説明がありました。

東京医科大学兼任教授の中村明子先生の話では、スマートフォンは、一見キレイに見えますが、実はかなり汚いそうで、その原因の一つは、スマートフォンをトイレに持ち込む事で、細菌やウイルスも多く付着するそうです。

実は、トイレの水を流すと、水しぶきが周囲に飛び、それとともに、細菌やウイルスが散乱するそうで、風通しもなく、狭い室内の為、そこに留まった細菌やウイルスが、スマホにも付いてしまうそうです。

スマートフォンの表面では、大量に細菌やウイルスが増殖する様な事は無いそうですが、1度付着した細菌やウイルスは、汚れ具合にもよりますが、1日程度で無くなることはないので、注意が必要だそうです。

特に注意すべきなのが、スマートフォンを介した食中毒で、典型的なのがノロウイルスで、細菌の場合はサルモネラ菌、又感染している人であれば、O-157がトイレに出る事もあるそうです。

つまり、トイレの後で、手を洗っても、スマホを触れば、細菌やウイルスが、また手に付着してしまい、食べ物を通して、体内に入ってしまう可能性があるとの事です。

スマホ食中毒から、あなたの命を救う方法は、スマホを定期的に、除菌シートなどで拭く事が大切で、スマートフォンの、細菌やウイルスが残りやすい場所は、スマホの端には窪みがあり、この場所に付着した細菌やウイルスが、残りやすいそうで、更にスマホの裏側は、絶えず手で握っているので、表側よりも、細菌やウイルスが残りやすいそうです。

「iPhone買取専門店だから出来る」驚異の買取価格10秒以内の簡単買取査定。

ポイントがザクザク貯まるクレジットカード8選


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です