「スマホ料金を延滞すると、将来家が買えなくなる」 林先生が驚く初耳学!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年10月16日の「林先生が驚く初耳学!」で、「スマホ料金を延滞すると、将来家が買えなくなる」 について説明がありました。

日本中で、445万人が抱える大トラブルの火種は、ついつい忙しくて、携帯電話料金を支払忘れ、後で送られてきた通知で気づき、急いで振り込む人も多いと思いますが、うっかりスマホ料金を延滞すると、将来家が買えなくなるそうです。

スマホの普及により、携帯電話料金の滞納件数は年々急増していて、2016年は、445万人にまでなっており、この様な人は、将来家が買えなくなるそうで、スマホの端末代金は、実は、めちゃくちゃ高く、8万円や10万円のものもありますが、実際は、ほぼ0円で契約する方も多いと思いますが、大体の人が、2年使ったら、本体のお金は、タダになるという契約を結んでいると思います。

その為、解約が難しかったり、途中で解約すると、追加料金を取られたりしますが、これは、使用料金と合わせて、2年間のローンを組んでいるのと同じ契約なので、2年間解約できないという条件が付きます。

その為、ローンを組んでいる、あるいは、どこかでお金を借りていて、もし支払いが遅れると、信用情報会社でブラックリストに登録され、将来家を買うときにローンの審査が通らなくなってしまう事があるそうです。

ローン扱いのスマホ料金を3か月滞納すると、5年間はブラックリストから名前が消えないと言われているそうです。

自分の状況が不安な人は、信用情報会社のホームページなどで確認する事が可能です。

「iPhone買取専門店だから出来る」驚異の買取価格10秒以内の簡単買取査定。

ポイントがザクザク貯まるクレジットカード8選


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です